会計監査人設置モデル事業について

厚生労働省30年度補正予算として、
会計監査人設置義務のない社会福祉法人に対し、モデル的に会計監査人を設置し
その導入効果の検証等を行う「会計監査人設置モデル事業」があります。
これについては1法人200万円を上限に補助するもので、50法人を予定しているようです。

20億円以上で30億円未満の法人は、31年度には会計監査対象となりますので、
30年度にはぜひこの枠組みで、当事務所に
監査のご依頼を頂戴できればと思います。

まだ詳細は不明ですが、当事務所にぜひお問合せ下さい。

松野