お付き合いのしかたについて

5月も終わり、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
当事務所としても、決算は終わり、あとは充実計画の確認を残すところになります。

当年度は社会福祉法本格施行後初めての決算であり、組織及び充実計画について
大変難しかったことと存じます。

また、この社会福祉法人専門家として、当事務所もフル回転で働き、いろいろご助言することができました。

当事務所代表として感じたことは、手前味噌ながら、「私の持っているノウハウは、全国レベルだ」ということです。
それを皆様にもっと知っていただきたいと存じます。

当事務所は月次顧問としての関与もございますが、次のような関与の仕方もあります。

1 記帳代行業務
2 相談顧問業務

月次顧問業務の場合には、法人様の健康状態を見る主治医のようなイメージ
相談顧問業務の場合には、年一度健康診断を受けるようなイメージ
記帳代行業務の場合には、看護士さんが代行してくれるイメージ
と考えています。

料金については法人様の状況等を把握して決めますが法外な料金を頂戴していないため、あまり金額で問題になったことはありません。
やはりプロが見ているというのは、非常に心強いようです。
月次顧問業務の場合には、訪問を必須とする以上、近畿圏に限られますが、記帳代行あるいは相談の場合には、その縛りはありません。
全国的に対応可能です。

一度、お問合せいただきましたら、十分調整をさせていただきます。
お問合せは add.value.ac@gmail.com
もしくは
電話072-350-4685 でお願いします。

お待ちしております。お気軽にどうぞ。